ファンデーションの選び方

正しいファンデーションの選び方 どんなファンデーションを使えばいいの?

みなさんはどういった基準でファンデーションを選んでいるでしょうか?

 

これは自分にピッタリだという方よりも、「雑誌で紹介されていたから」とか、「ドラッグストアで目立つところに置いてあったから」という、良くわからないけど良さそうだったからという選び方をしていることが多いものです。

 

ファンデーションひとつでメイクの仕上がりも違ってきますし、同じファッション、ヘアスタイルでももっとおしゃれにグレードアップすることができますから、自分にあったファンデーションを使うようにしましょう。

 

まずは、ファンデーションの種類を見ていきましょう。ファンデーションはパウダー、リキッド、クリームなどの種類があります。多くの場合は、リキッド、クリームタイプのファンデーションの方がカバー力があります。

 

そのファンデーションが持つ特徴や効果などに引かれて購入するよりも、使用方法によってどのファンデを使うかを決めている人が多いようです。

 

手が汚れるのがイヤだったり、ベタベタする気がするからとパウダータイプを選ぶなどです。化粧崩れをしないように、1日中キレイなままで…と考えると自分の肌にあったタイプを選ぶことをおすすめします。

 

 

パウダータイプ

 

パウダーファンデーション

固形になっていて外出先での化粧直しも簡単に出来ます。ただ、化粧崩れしやすいのが難点。また、落とすと粉々になってしまいます。

 

肌質:普通肌、脂性
カバー力:低い

 

 

リキッドタイプ

 

リキッドファンデーション

瓶やチューブに入っています。化粧崩れしにくいですが、油分が多く配合されているものはニキビの原因にもなることがあります。

 

肌質:普通肌、乾燥肌
カバー力:高い

 

 

クリームタイプ

 

クリームファンデーション

瓶やチューブに入っています。油分の多いことが多いですから脂性の人には向いていません。厚塗りになってしまうことがありますので注意!

 

肌質:普通肌、乾燥肌
カバー力:高い

 

 

ルースタイプ

 

ルースファンデーション

天然石などから作られているミネラルファンデーションがこのタイプです。粉状のファンデーションを筆、ブラシで顔にのせていきます。

 

肌質:普通肌、脂性
カバー力:低い

 

 

おおまかにみると、パウダーは肌が油っぽい人におすすめで、リキッドとクリームは乾燥肌に向いています。

 

リキッド、クリームタイプでも油分の入っていないものや、とても少ない配合量でさらさら感覚で使えるものもあります。そういったタイプは化粧も崩れにくいのに、軽いテクスチャなのでおすすめです。

 

30代におすすめなのは?

 

お肌がどんどん乾燥してきて、これまでの化粧水や美容液では満足できるお肌を維持できないというカサカサ肌に悩まされることが多くなる30代。こういった場合は、乾燥を防いでくれるクリーム、リキッドタイプがおおすすめです。

 

また30代になると、うれしくないことに小じわや毛穴の開き、毛穴のたるみがでてきます。このくぼんで影になってしまう部分にメイクして数時間も経つと、ファンデーションが入り込んでちょっと遠目から見ると、そこだけ白くなって目立ってしまいます。

 

特にほうれい線や目尻に溜まったファンデーションって見られたくないですよね。鏡を見た時にファンデが溜まっていると本当にぞっとします。

 

しっとりと肌を保湿してくれるようなある程度の油分や美容成分がたくさん配合されているファンデーションを使うことで、潤いを取り戻してシワが深くならないのでファンデ溜まりを防ぐことができますよ。

 

⇒30代にオススメのしっとり保湿ファンデーション

 

乾燥が気になってきたらファンデの替え時

 

年齢別に見てみると10代20代はパウダーファンデーションでも化粧のりも良く、うるおいも充分あるので、リキッドやクリームタイプのファンデーションだとべたっと厚くついてしまい厚化粧になってしまいます。

 

30代になって肌をもっと過保護に守ってあげなければいけない時期に、これまでと同じパウダーファンデーションを使っていると粉が吹いたり、化粧崩れが多くなりますから、肌に乾燥を感じてきたら早めにリキッド化クリームタイプに変えていきましょう。

 

30歳、40歳になってもお肌がべたついて脂性が治らないという場合も多いようですが、若いころ10代などの場合はホルモンバランスなどによる過剰な皮脂の分泌のことが多いのですが、30歳を超えてくると乾燥肌をカバーしようと分泌されている皮脂である可能性が高いです。

 

このアラサー以降の脂性肌にはパウダーファンデーションを使うよりも、保湿できるタイプのクリーム、リキッドファンデが向いています。まず、ファンデーションだけでなく化粧水などももっと保湿効果の高いものを使うと早く普通肌に戻すことができます。

 

人気ファンデーションランキングTOP3

人よりもキレイなお肌を実現できる優秀なファンデーション3選です。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールの特徴

軽い付け心地なのにシミ、そばかす、小ジワをしっかりカバーします。さらに肌の水分量もアップしてくれるので1日中お肌の潤いを保ちます。その秘密は、美容成分が62%という高配合にあります。テレビ通販でも人気の美容液ファンデーションです。また、無添加、医薬部外品と肌に優しいので安心してお使いいただけます。(全5色)

価格
評価 評価5
備考 SPF35、PA+++

リペアファンデーションの特徴

モンドセレクション金賞受賞で美容パックの効果もあるファンデーションです。化粧崩れもなく、微粒子の天然マイクロパウダーが毛穴やニキビ痕などもしっかりとカバーしてくれます。100%天然由来成分から作られているので敏感肌でも安心です。YAHOOでナチュラルメイク部門で大賞も受賞しており、自然な仕上がりにしたい人へオススメです。

価格 送料無料 1,900円
評価 評価4.5
備考 SPF28、PA++

シルキーモイストファンデーションの特徴

カバー力抜群の新感覚ファンデーションです。肌のデコボコを見えにくくして長時間ヴェールにつつんだようなきれいな仕上がりを維持します。肌荒れ防止やアトピー悪化予防にも効果があるセラミドも配合されていてお肌の弱い人にもおすすめできるファンデーションです。

価格 送料無料 4,500円
評価 評価4
備考 SPF22、PA++