美容コラム

敏感肌が酷い場合、ファンデーションはする?しない?

敏感肌の人はファンデーションを塗る人、塗らない人で分かれてしまうと思います。塗らないというよりもメイク自体をしないになってしまうかもしれませんが…。敏感肌用のファンデーションが便化肌の人に100%合うわけではないので合わなかったりすると、諦めてしまう方も多いと思います。

 

本来メイクは楽しいものです。メイクをしながら、自分を綺麗に見せるようにする過程はわくわくしますし、実際に脳が喜んでいるというデータもあります。ですのでファンデーションが合わないからといって、メイクを諦めてしまうことは非常にもったいないです。

 

では、どうすればいいのでしょうか。これまで使ったことがあり、肌が荒れなかったファンデーションがあるのならばそれをまた使用してみるという方法もあります。しかし、お肌の状態は変わっていくものなので敏感肌を改善してくれる保湿機能のあるファンデを探してみるのもおすすめです。

 

保湿ファンデを試してみよう

 

こういった商品に心当たりがないならば、化粧品売り場などでサンプルをもらってきましょう。デパートなどに行って、店員さんに実際にメイクをしてもらうのもいいかもしれません。ドラッグストアでもお試し品は置いてあるものですし、ネット通販などでは小さなサンプル品を販売しているところもあります。

 

この時、保湿成分が入っているものを選んで使うようにしてくださいね。サンプル品で肌荒れを起こしてはたまりませんから。使ってみたもの中で、合わないようでしたらオーガニックなものも試してみるといいでしょう。

 

とはいえ、オーガニックだからといってアレルギー反応や痒みなどが絶対に起こらないというわけではありません。中にはお肌に合わない成分ががあり、つけるとぽつぽつ吹き出物が出てしまったり、かゆみを生じてしまうものもあります。

 

敏感肌にいい人気の保湿ファンデは?

 

敏感肌を悪化させない抑える方法はしっかりと保湿をしていくことです。低刺激の敏感肌用の化粧水や乳液などで潤いを与えてあげましょう。ファンデーションは保湿タイプがいいということでパウダーよりもリキッド、クリームのほうがいいかもしれません。

 

もちろん、その含まれている成分によっても違いが出てきますが「保湿」できるという種類のファンデーションを使ってください。保湿できるおすすめファンデーションはこちら。

美容・スキンケア記事一覧

コンパクトファンデーション

パウダーファンデーションもその塗り方で仕上がりがグーンと違ってきます。べったり塗らずに立体界のあるお肌をつくりましょう。まず、ファンデーションを塗る前に下地を使う場合は、うっすらと顔全体に伸ばしましょう。顔の中心部から外側へやさしく伸ばしてください。力を入れてつけると、お肌のタルミや小じわの原因になります。ここで、下地をたくさんつけてしまうとパウダーがムラになってついてしまうので、化粧崩れの原因に...

しみとファンデーション。こう聞くとしみを隠すためにファンデーションを塗るんでしょ?とという意見が多いと思います。もちろん、しみ、そばかす、アザなどを見えないように、ちゃんとカバーしてくれるファンデーションはありがたい存在ですよね。大きな濃いしみであれば、ファンデーションを塗らずに外出するというのも躊躇してしまうでしょう。シミによくないファンデもあるこのサイトで紹介しているファンデーションは無添加で...

乾燥肌に悩んでいる人には徹底的に保湿をすることをおすすめします。まずは洗顔ですが、洗ったあとにもしっとりとして、つっぱらない洗顔料を使うことが大切です。洗顔後に肌がつっぱるような洗顔料を使っていると、乾燥肌がますますひどくなってしまいますので、洗い上がりの感触はとても大切なものです。また、洗顔、クレンジング時にはお肌に負担がかからないように、とにかく優しくするというのが鉄則です。油浮きしやすい、T...