美容液ファンデーション BBクリームの違い

美容液ファンデーションとBBクリームの違いとは?

美容液ファンデーションは、ファンデーションに美容液に使われているような保湿や、美白の成分を配合したものです。

 

BBクリームは、きついピーリングなどをした後でも、肌を傷めずに使用できるファンデーションの代わりとして開発されました。

 

お肌に優しく、肌をいたわるような成分だけを使用しているという意味でみると、美容液ファンデーションBBクリームにほとんど違いはないといっても間違いではないと思います。

 

カバー力の差

 

ただ、大抵は美容液ファンデーションの方がカバー力が高いものが多く、BBクリームは薄付きのことがほとんどです。クリームファンデーションに美容液を混ぜて使っているという感じがぴったりのBBクリームはやはりファンデに比べると「薄い」ことが多いです。

 

BBクリームは色づきが薄いために、ちょっと重ね塗りしてもムラになりにくいのでカジュアルメイクの時、急いでメイクを簡単にささっと済ませたい時に向いています。

 

シミやそばかすができにくい人や、ニキビができにくい(ニキビ跡がない、ニキビ跡ができない)というなら、顔の色むらを均一にするくらいで美肌になれますので、BBクリーム程度のカバー力でもいいかもしれません。

 

しかし、赤く炎症するようなニキビがたまにできたときに、BBクリームだとカバーしきれずにちょっと恥ずかしい思いをすることもあるかもしれませんね。逆にシワに入り込んだしわが夕方に目立ってくるという場合はBBクリームのほうがカラー成分が少ないのでシワは目立たないかもしれません。

 

⇒カバー力の高い美容液ファンデーションはこちら

 

どちらも美容成分たっぷりで肌への負担が少ない

 

美容液ファンデーションとBBクリームの違い

美容液ファンデーションはリキッドファンデーションやクリームファンデーションに美容成分が入っている感じですが、BBクリームもパウダーではないのでクリームに近いですよね。どちらも美容成分がたくさん配合されています。

 

リキッドやクリームファンデとBBクリームの違いというのは、美容液成分がある、ないの違いがありますが、美容液ファンデだ同等の美容効果があります。

 

商品一つひとつでも違いがありますが、大まかにみると美容ファンでもBBクリームもどちらも保湿成分が配合されていますから、お肌のバリア機能を高めてくれますし、肌が傷みにくいです。

 

洗顔、クレンジング時にもオフしやすくなっていますから、強い洗浄成分の入ったものを使用せずにすみますので、お肌の潤いが保たれます。

 

美容液ファンデとBBクリームのどちらを使おうかと悩んだ場合は、どちらもほぼ同等の機能性ですから、自分のお肌に合うもの、使いやすいものを選ぶといいですね。

人気ファンデーションランキングTOP3

人よりもキレイなお肌を実現できる優秀なファンデーション3選です。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールの特徴

軽い付け心地なのにシミ、そばかす、小ジワをしっかりカバーします。さらに肌の水分量もアップしてくれるので1日中お肌の潤いを保ちます。その秘密は、美容成分が62%という高配合にあります。テレビ通販でも人気の美容液ファンデーションです。また、無添加、医薬部外品と肌に優しいので安心してお使いいただけます。(全5色)

価格
評価 評価5
備考 SPF35、PA+++

リペアファンデーションの特徴

モンドセレクション金賞受賞で美容パックの効果もあるファンデーションです。化粧崩れもなく、微粒子の天然マイクロパウダーが毛穴やニキビ痕などもしっかりとカバーしてくれます。100%天然由来成分から作られているので敏感肌でも安心です。YAHOOでナチュラルメイク部門で大賞も受賞しており、自然な仕上がりにしたい人へオススメです。

価格 送料無料 1,900円
評価 評価4.5
備考 SPF28、PA++

シルキーモイストファンデーションの特徴

カバー力抜群の新感覚ファンデーションです。肌のデコボコを見えにくくして長時間ヴェールにつつんだようなきれいな仕上がりを維持します。肌荒れ防止やアトピー悪化予防にも効果があるセラミドも配合されていてお肌の弱い人にもおすすめできるファンデーションです。

価格 送料無料 4,500円
評価 評価4
備考 SPF22、PA++